Category Archives: DANCE MUSIC

イギリスを代表するアーティスト Cantoma を追加

イギリスを代表するアーティスト Cantoma を追加 イギリスをバレアリック・シーンを代表するアーティスト Phil Misonこと Cantoma. 1991年 DJとしてのキャリアを始めたPhil Misonは、世界中のクラブ、イベントにてプレイ。その後、音楽制作も始め、リアル・イビサなどのレーベルからリリース。 現在、Cantoma名義としても、数々の楽曲をリリース。スパニッシュ・ギターや、ヴァイオリンなどの生楽器を前面に押し出し、Philならではの楽曲に仕上げている。現在、世界中のイベントにて活躍している。 詳しくはこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-cantoma

HERNAN CATTANEO (エルナン・カターニョ) を掲載

HERNAN CATTANEO (エルナン・カターニョ)を掲載 世界的にも有名な、プログレッシブ・ハウス界の貴公子 ”Hernan Cattaneo” の掲載がOKとなりました。本人と話す事が出来たのは凄く嬉しいです。本当に良い人でした。 THE-EARTH.JPのHPにて試聴が出来るので是非聞いてみてください。 詳しくはこちらからhttp://the-earth.jp/artist/artist-hernancattaneo

Gary Bのアルバム、“Step into the Sunshine”が Cafe Del Marからリリース

Cafe del Mar By Gary B “Step into the Sunshine” Cafe Der Mar 看板アーティスト Gary Bのアルバム、“Step into the Sunshine”が、あのCafe Del Marからリリース. 詳細は、Cafe Del Marのホームページ、または、Gary BオフィシャルMySpace Musicにて ・Gary B Official : http://www.myspace.com/luminousmusic・Cafe Der Mar Music : http://www.cafedelmarmusic.com/ その他楽曲は、海外のamazon.com、iTuneにて購入可能 Recently number one in iTunes electronic chart SpainFebruary 14 is the launch date of the debut album by Gary B ? Step into the Sunshine. Released by the Cafe del Mar label, famous for their chillout compilations, Gary B is one of the few solo artists signed exclusively to the company. Songwriter/ producer Gary Butcher has contributed to many Caf? del Mar albums over the last 5 years, either under his own name, that of Luminous

Read More

ギリシャを代表するアーティスト V-SAGを掲載

ギリシャを代表するアーティスト、V-SAG.  非常にメロディアスな楽曲が特徴で、プログレッシブ・ハウス・シーンでも非常に人気が高く、過去リリースした”Feather”などは、海外チャートで軒並み年間ランキングに入るなど、非常に高い人気を誇っている。 現在でも、Hernan Cattaneo(エルナンカターニョ)などが、フェイバリット・トラックとして挙げている。 詳しくはこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-v-sag

テックハウス、プログレッシブを代表する Pole Folder を掲載

テクノ、プログレッシブでも有名な「Pole Folder」を掲載 ベルギーを代表するアーティスト Pole Folder. ダークかつ、繊細な音が特徴で、数々の楽曲をチャートにランクインさせている. 特に、テック・ハウス、プログレッシブ・ハウスのDJには、非常に人気が高く、イギリス・ロンドンを始め、IBIZAなど、世界中をツアーしている. 現在、JOHN DIGWEED (ジョン・ディグウィード)のレーベルBedrock レーベルなど、世界中の様々なレーベルからリリースしている. 詳しくはこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-pole-folder

世界的にも有名な Nick Warren を追加

世界的にも有名なアーティスト Nick Warren を追加 イギリス出身のDJ/プロデューサー、 ニック・ウォーレン (Nick Warren) DJとして 20年以上のキャリアを持ち、Way Out West 名義にて、プロデューサー活動を行うなど、世界の音楽シーンにおいて、常にトップの位置をキープし続けている。 特に、ダンスミュージックシーン、プログレッシヴ・シーンでの熱烈なファンが多い事でも知られる。 詳しくはこちらからhttp://the-earth.jp/artist/artist-nickwarren

ギリシャを代表する Distant Fragmentを掲載

ギリシャを代表するプログレッシブ・アーティスト Distant Fragmentを掲載 非常に繊細な音作りを行う Distant Fragment. 他のダンスミュージック系のクリエイターとは異なり、ミドル・リフティングな曲から、ダウンテンポ、メローな曲まで、非常に才能溢れた音作りを行う事でも有名。現在、Mystique Records、Tiestのレーベル Black Hole Recordingsなどから、数々の楽曲をリリースしている。 詳しい情報は、こちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-distantfragment

オーストラリアのブレイクスシーンでも有名な Steve Mayを掲載

プログレッシブ・シーン、ブレイクス・シーンでも有名な Steve Mayを掲載  現在 プログレッシブ、ブレイクス、テックハウスなどを中心に活躍している Steve May. オーストラリアを代表するブレイクス・シーンの一人でもある。 プログレッシブ・ハウス、プログレッシブ・トランスを代表するレーベルBaroque Records、Armada、Alter Ego など、数々のレーベルよりリリース。綺麗なメロディの中にも、フロアライクな楽曲が多いので、是非、チェックして欲しい。 詳しい情報はこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-steve-may

Banco de Gaia を掲載

Banco de Gaia を掲載 90年代初期のTECHNOシーンを語るには絶対に欠かすことの出来ない存在の一人、Banco de Gaiaこと「Toby Marks」。 90年初期より、エジプト、チベットなど世界中を駆け巡り、Pink Floyds「Dark Side Of The Moon」の伝説的なサックス奏者Dick Parry 、英国系エジプトの国際的にも有名な歌手 Natacha Atlasとも楽曲を制作するなど、音楽のジャンルを飛び越えて活躍。 1994年、世界有数のレーベル、Planet DogよりリリースしたMAYAを始め、1995年リリースのLAST TRAIN TO LHASAは、UKアルバムチャートトップ40に食い込み、12年にわたって制作された合計9枚のアルバムは、全世界にてその全てを完売するなどの、他アーティストでは考えられない偉業を成し遂げている。 現在彼は、人類における人種、種族、環境問題などを真剣に取り組み、楽曲、映像と、彼ならではの独自の世界観で地球とゆう私たちの大いなる大地を表現している。是非、彼のオフィシャルホームページ(http://banco.co.uk/)で、彼の音楽と映像の世界観を堪能して欲しい。 詳しくはこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-bancodegaia

Jam El Mar (Jam & Spoon) を掲載

Jam El Mar (Jam & Spoon) を掲載 世界でもTOPクラスのプロデューサーでも知られるJam El Mar。 TRANCE、TECHNOを語る上で切り離せない存在であり、Jam & Spoonでの世界的な活躍が、未だに記憶に新しい。 Age of Loveを始め、Jam & Spoonでは、Stella、Right In The Night、Follow Me!などの数え切れないほどのビッグヒット曲が有る。 また、リミックスワークにおいては、ENIGMA、PET SHOP BOYS、FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD、QUEEN、SIMPLE MINDS、MIKE OLDFIELD、MARILYN MANSONなど、ビックネームが軒並み彼にリミックスを依頼している。 現在はソロとしても活躍し、100万人を超えるビッグフェス、LOVEPARADE(http://www.loveparade.de/)においてもファイナルアクトをつとめ大成功に導くなど、これからも見逃せないアーティストである。 詳しくはこちらhttp://the-earth.jp/artist/artist-jam-el-mar